FC2ブログ
皆様、この度、九州ブロック大会準備室 室長 細名 久です。

この1年

「創ろう!九州ブロック大会への懸け橋を!」をスローガンに掲げ
平成24年度に開催する九州ブロック大会 おおむら大会に対する会員の意識の向上、九州ブロック、長崎県連

との親睦、おおむら大会への骨子作成に準備室メンバーと一丸に取り組んで来ました。

ブロック大会への意識向上に関しては、2回にわけて勉強会を開催いたしました。講師に

第1回

長崎県連 北松YEGの平成16年度第24回九州ブロック大会 大会会長経験者 木下 雅博氏

第2回

大村YEG OB 昭和58年度第3回九州ブロック大会 運営研究大会 大会会長経験者 平澤 勝昭氏

勉強会では忙しい中、二人には暖かく引き受けていただき、感謝の気持ちでいっぱいでした。

また、長崎県連各単会、九州ブロック各県への会員大会・記念事業・総会等へ参加させていただき

皆が一致しているのはすべてのYEGメンバーが地域愛を抱いているということが強く感じました。

私たちもまた地域のためにブロック大会を成功させるという目標が出来ました。

調査研究といたしまして

九州ブロック大会経験地である熊本県連荒尾YEGへメンバーと行き、企画・経験談を聞き企画書(案)の
糧になりました。

今後も今年度ブロック大会を開催した佐賀県連鳥栖YEGの皆様にアドバイスを聞きながらブロック大会の成功に繋げて行きたいと思います。

最後になりますが日本YEG・九州ブロック・長崎県連・大村YEGメンバーへ、この1年貴重な経験をさせて頂き誠に有難うございました。

この経験を糧に、平成23年度第33代会長として日々精進させていただきます。
スポンサーサイト



3月5日(土)

photo1saiki.jpg

主催

大分県連

主管

佐伯YEG

ホテル金水苑にて
若手国家公務員と日本YEG・九州ブロックYEGメンバーと風会議が開催されました。

大村からも野島理事とわたくし細名で参加いたしました。

内容といたしましては、各部屋に別れ、GDP成長率、環太平洋経済連携協定(TPP)
等のディスカッションでした。
様々な意見交換で行き着いたのは

良い日本、地域の活性化を創るには一人一人が意識しないと良くならないという事

そして国家公務員と民間の話し合いの場を多く作る事が大切ではないかという事でした。

大村YEGも風会議を積極的にわがまち大村のために開催しないといけない!と感じさせていただいた日でした。